教育方法の実践例(教育内容・方法の工夫など)

氏名 相内 啓司
氏名(カナ) アイウチ ケイジ
氏名(英語) AIUCHI Keiji

表示順

14

事項

1年生のための映像基礎教育の充実を図るために、「映像基礎」実習の内容の複合化に取り組む

年月日

平成20年4月1日~7月23日

概要

映像コースの基礎学年において要となる実習科目「映像基礎」だが、これまでやや緩慢に感じられる授業の進行状況に、緊張感を与え、かつ高密度の授業内容を盛り込むべく複合的な授業形態に改変した。どうじに前期の担当部分を企画者自身である私が担当した。
1日の実習時間を前半・後半に分けて、2種の実習を行った。前半では、初回授業で、LEDと電子回路を組み合わせたライトボックスを制作した。これを用いて、これまで担当者不足から手薄だったアニメーションの基礎トレーニングを行うワークショップ形式の授業を行う。後半は、並行して映像の企画,制作(撮影、編集),発表の実習を行った。
結果としては、緊張感を持った授業を展開でき、また学生のモチベーションが高まったように感じられた。