学会発表

氏名 すがや みつる
氏名(カナ) スガヤ ミツル
氏名(英語) SUGAYA Mitsuru

表示順

5

発表タイトル

教材開発におけるクリエイティビティとは何か?―学習効果の周辺を考える

単独・共同の別

共同

学会・大会名名称

日本教育工学会第32回全国大会

発表場所

大阪大学豊中キャンパス

発表年月日

2016/09/16

国内外の区分

国内

概要

「パソコンの父」とも呼ばれるアラン・ケイは,「未来を予測する最善の方法は,それをつくり出してしてしまうことである」と言った。彼ほどの創造性はないかもしれないが,テクノロジーの発展により,私たちも自らの手で自らが望むような教材をつくり出せる時代になってきた。では,効果がすでに認められた教材を借りるだけでなく,自ら教材をつくり出す際には,どのようなノウハウが必要になるだろうか。本ワークショップでは,教材を活用した後の学習効果の分析ではなく,教材を「つくる過程」のノウハウについて,クリエイティビティという言葉を手がかりに考えてみたい。様々なデジタル教材の紹介,学習マンガの制作者が考える方法論などについて話題提供を行った後,参加者も交えて議論を深めた。