講演・シンポジウム等

氏名 中野 裕介
氏名(カナ) ナカノ ユウスケ
氏名(英語) NAKANO Yusuke

表示順

16

発表タイトル

para•textile 本を編む ー 繁茂する外延

単独・共同の別

共同

講演名称

第1回ワークショップ

発表場所

京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab

発表年月日

201912

概要

京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab との共同プロジェクト。

企画:三木順子(京都工芸繊維大学准教授[デザイン・建築学系])
ゲストキュレーター:中野裕介/パラモデル(京都精華大学特任准教授)

2017年の京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab主催 国際ラウンド・テーブル「批判力のあるキュレーション——アーティストによるその実践/解釈行為としての創造——アーティストとしてのその実践 Artist as Critical Curator/Artist as Creative Interpreter」[シンポジウムゲスト:川俣正・椿昇・日比野克彦・藤浩志・小林康夫/展示ゲスト:ニカ・ラディッチ https://www.d-lab.kit.ac.jp/projects/2017/report-artistcurator1/]を基に、2020年3月にD-labライブラリーより刊行予定の書籍『キュラトリアル・ターン』の編集・出版のプロセス自体をモチーフとした、2020年3〜5月に3331 Arts ChiyodaにあるKYOTO Design Lab ギャラリーでの展覧会「para・textile 本を編むー繁茂する外延」、2020年4月19日トークセッション「テクストの閾値と戯れる」[ゲスト:門林岳史・三木学]を開催する。

上記の展覧会に向けて、構想・制作・サポートとして京都工芸繊維大学・京都精華大学芸術学部の学生も数名ずつ参加、2019年12月〜展覧会開始までワークショップを数回おこなう。