学術論文・紀要

氏名 谷本 尚子
氏名(カナ) タニモト ナオコ
氏名(英語) TANIMOTO Naoko

表示順

4

論文名

構成主義と光の造形 ─モホイ=ナジの写真─

単著・共著の別

単著

発行所、発表雑誌(及び巻・号数)などの名称

美学会誌『美学』第51巻第2号

該当頁

61-72

発行年月

200009

編者・著者名

 

概要

構成主義者としてのモホリ=ナギは、「ニュー・ビジョン」や「ニュー・フォトグラフィー」などの言葉と関連して、写真史における近代フォーマリストのサークルに属していたと言えるでしょう。それは、例えばF.ローやB.ローのように、常に抽象的で形式主義的な作風である。ニューホールが指摘しています。しかし、この10年間の新しい研究では、このような形式主義的なモホリの受容の歴史を乗り越え、モホリの写真が今日でも議論に値するものであることを明らかにしようとしています。私の論文はこの研究の一環で、ワイマール時代のモホリのフォトグラム、フォトモンタージュ、カメラ・フォトグラフィーを「光のデザイン」という観点から、当時の国際構成主義の文脈で見てみようとするものです。その結果、モホリの構成は、ダイナミックなプロセス、空間の動き、浮遊感のある関係性に満ちたものになります。彼の写真には、大都会のダイナミズムや宇宙的なものが感じられます。思索の次に、鑑賞者の活動や主観の構築を置き、それを照明デザインで刺激することにした。その中で、「触覚」や「運動感覚」というカテゴリーは、彼の構成主義的な芸術にとって中心的な意味を持っています。このように、モホリの芸術に対する考え方は、A.の芸術論と本質的な共通点があります。リーグルの芸術論、W.イーザーの受容の美学、M.R.デプナーの構成主義の脱構築の試み。

査読の有無

有り